導入美容液って必要?その効果は健康な美肌の「土台作り」

導入美容液って本当に必要なの?

実際に導入美容液を愛用している私としては、年齢肌にはぜひともおすすめしたい化粧品アイテムです。

というのも、いろいろなエイジングケア化粧品の中でも、かなり効果を実感できたからなんですね。

そもそも導入美容液とはどんな効果があるのか、ブースター・導入液との違いは何か、使い方はどうすればよいのかなど、ご紹介したいと思います。

導入美容液とは?ブースター・導入液とは違うの?

化粧品に「ブースター・導入液」という種類があり、主に化粧水や美容液、美容オイルに導入効果があるものを言います。

正式に定義されているかは不明ですが、「導入」とは「角質層に成分を浸透する(させる)」ことを指すものがほとんどです。

また、「導入」=「ブースター」という意味で使用されているようですね。

様々な導入美容液(ブースター美容液)の作用を見ていると、どうも2種類あるようですね

  • 1)導入液を使用することで、その後のスキンケア(化粧水や保湿剤など)の浸透を高めるもの
  • 2)導入液自体の美容成分が角質層に浸透し、美容効果を発揮するもの

基本的には1)の導入効果がメインの役割で、導入液自体はサポート役であり、スキンケア・アイテムの効果を高めることが目的です。

そういった導入液には、オーガニック美容オイルや濃縮液が多く、例えば「アルガン・オイル」は、洗顔後に使用することで、その後の化粧水などの浸透を高めてくれる効果があります。

確かに、「アルガン・オイル」は毛穴の汚れを落とし、古い角質をキレイにしてくれるため、その後の化粧水や美容液が入り易い状態にしてくれるんですよね。

しかし、「導入美容液」の商品を見ると、コラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が多く含まれ、その美容成分を「角質層まで浸透させる」目的のものも多くあります。

商品によって「導入」の目的が違うので、あれ?と思ってしまいますが、「導入美容液」の化粧品は、その美容液の成分を角質層に届けることで、美肌を作り出す、と考えて良いかと思います。

導入美容液が必要なのはどんな肌質?

導入美容液が必要な肌はというと、全ての肌質だと言えます。

ただ、30代40代の乾燥肌や年齢肌だと、特にその効果がわかりやすいと思います。

導入美容液は、普通の化粧水や美容液、クリームでは浸透するのが難しい「角質層」にしっかりと美容成分を届けてくれます。

そのことにより肌が内側が潤い、また角質層が整うことで老化で乱れた「バリア機能」が正常になり、肌が元気になるという効果が期待できるのです。

導入美容液が必要なのはどんな肌質?

だから、老化した肌や乾燥肌には必要なアイテムなんですね。

しかし、実は「角質層」って肌の表面の薄い膜部分で、ラップの厚みくらいしかないそうです。

それを聞いたときには、「肌の膜部分すら化粧品の成分って届かないの!?」と驚きました。

さらに言うと、一般的な化粧品って、肌の上に美容成分を「乗せて」肌を保護するだけだそう。

若い肌ならそれでもいいですが、水分や皮脂(油分)の減ってしまった年齢肌は成分を乗せるだけでは、しわやくすみといった老化の悩みは解消されませんよね・・・。

だから、角質層まで潤いや美肌成分を届けてくれる導入美容液の効果を、肌で実感できるということなんです。

導入美容液の効果は健康な美肌の「土台作り」

角質層に成分を浸透させるとどうして肌が健康になるかというと、先ほども出てきた「バリア機能」がカギなんですね。

肌のバリア機能が正常だと、内側の潤いが出て行くのを防ぐうえに、外部からの刺激から肌を守ってくれるため、健康な状態の肌になります。

敏感肌や老化した肌は、ほとんどが肌のバリア機能が乱れている状態のため、肌は乾燥状態になり、トラブルを起こしてしまうんですね。

また、ターンオーバーも乱れるため、肌の生まれ変わりがうまく行われず、古い角質層がたまったり、とにかく良くない状態です。

バリア機能を高めることで、肌が正常に生まれ変わり肌をや守る機能が働き、スキンケアに頼りすぎない元気な肌になれるという、健康な美肌の「土台作り」なんですね。

導入美容液の使い方は?

導入美容液の使い方は?

導入液や導入美容液の使い方は、洗顔後にすぐ使用するというのが基本です。

ブースター・導入液は、洗顔後に使用した後、化粧水、美容液、保湿クリーム・・・と、普段のスキンケアに「ブースター・導入液を追加する使い方をします。

一方で、導入美容液はそれ自体が角質層に美容成分を浸透させるので、洗顔⇒導入美容液⇒化粧水、保湿クリームと、一般的な美容液と使い方は同じですね。

それならば、「導入美容液」の方が直接効果が発揮されますし、スキンケアのステップも増えず、シンプルでいいと思うのは私だけでしょうか。

なお、導入美容液と化粧水までも一緒にした商品もあり、どれならさらに、シンプルケアができますね。

導入美容液は年齢肌のエイジングケアに最適なアイテムです!

このように導入美容液は、しわやたるみ、くすみが悩みの30代40代の年齢肌には、本気でおすすめしたいエイジングケア・アイテムです。

導入美容液は、それ自身に高価な美肌成分が多く含まれ、さらに、角質層まで浸透させるために特殊な技術を使用しているため、商品価格はやや高めのものが多いですね。

もちろんプチプラの導入美容液もありますが、成分の品質や量を考えると、それなりの価格であるのは仕方が無いと思います。

だからといって、1本が1~2万円するものばかりではなく、1万円以下のほどよい価格の商品もあります。

30代40代の年齢肌なら、コラーゲン、ヒアルロン酸、ビタミンC誘導体あたりが高濃度に配合されているものだと、ハリUP効果も高いためおすすめですね。

あとは、肌に直接つける美容液のため、無添加系を選びたいですし、角質層に届く仕組みなんかをしっかりと説明してくれているかどうかも確認すると良いと思います。

もちろん価格よりも、実際に使用してみて自分の肌に合うものを選ぶ事が一番です。

正直なところ、私も角質層に成分が届くのってそんなに重要なの?くらいに思っていましたが、実際に導入美容液を使用してびっくりした経験があります。

いろいろ導入美容液を試してきたなかで、一番すごかったのは「プラセンタファインエクストレム」という馬プラセンタ原液ですね。

《導入美容液口コミレビュー》『目の下の影が!?』プラセンタファイン エクストレムを使った感想

体験のために1週間使い続けてみたんですが、全然違いましたね・・・

特に目の下のシワたるみがまったく違いました。

目元のげっそりした印象が変わると、見た目年齢って全く変わるんですね!

あと毛穴も、たるみも、肌のトーンも!(ほぼ全部ですね・笑)

別に導入美容液の推進派というわけではないですが(笑)、40代で使って本気で「すごい」と思ったエイジングケア化粧品ははじめてかもです。

せっかく美容液を使用するなら、しっかりと角質層まで質の高い成分が浸透する導入美容液を選んでくださいね。

今までに一番肌が変わった導入美容液はこちら。

↓↓↓↓↓

「プラセンタファインエクストレム」の効果について詳しく見る

ご参考までに^^

30代40代が全力でハリを出す!導入美容液オリジナル口コミ人気ランキング<2017最新>